ダイエットや美容にいいとされている青汁。ですが、いったい青汁の何がそんなにダイエットにいいかというのは意外と知られていませんよね!そこで今回は、青汁を飲んで痩せる理由をいくつか紹介します。

まず、青汁には食物繊維が豊富に含まれています。そのため、便秘解消効果があり、体内の余計なものを排出することで体重を減らすことができるのです。また、腸内をきれいに保つことで、悪玉菌も減少します。そうすると、基礎代謝のアップにもつながり、今までと同じ生活をしていてもカロリーの消費量を増やすことができるのです。

次に、青汁を食前に飲むことで、食事量と糖質の吸収を抑えてくれるからです。最近では、食事の前に水分をとって食べ過ぎを防いだり、野菜を一番最初に食べることで、インシュリンの分泌を抑え、糖質の吸収を抑えるというダイエットが流行っています。そして、この2つのダイエットの要素を備えているのが青汁なのです。青汁は元は野菜ですし、それを食事前に一杯飲むことで、ある程度お腹を満たすことができます。そのため、食事量の減少、糖質の吸収を防ぐ、この2つの効果を持ち、青汁を飲むことがダイエットとなるのです。

また、青汁、特にケールを原材料にしたものにはメラトニンが多く含まれており、安眠効果があります。メラトニンとは体内時間を調整し、私たちを眠りへと誘うホルモンです。睡眠とダイエットの関係は深く、寝不足が続くと太りやすくなるといわれています。というのも、睡眠が十分でないと、脂肪を貯め込むコルチゾール、食欲を増進させるグレリンというダイエットの大敵ともいえるホルモンを分泌してしまいます。そのため、青汁によってメラトニンを摂取し睡眠を十分にとることで、ダイエット効果が期待できるのです(気になる方はチェック!→すっきりフルーツ青汁)。

最後に、青汁にはむくみ解消効果もあるため、継続して飲んでいると見た目にも変化が現れます。女性の天敵であるむくみ、その解消を手伝ってくれるのがカリウムであり、青汁にはカリウムが多く含まれています。カリウムには水分代謝を上げる効果や利尿作用があり、体内の余分な水分を排出してくれます。そのため、身体のむくみを抑えてくれるのです。さらにセルライトはむくみが原因ですので、むくみが解消されれば、セルライトも減ります。このようにして、青汁でカリウムを摂取することで、見た目の変化が期待できるのです。

いかがでしたでしょうか。青汁にはさまざまな成分が含まれており、それぞれがダイエットとの深いかかわりがあるのです。また、青汁の原材料により、含まれている成分も異なりますので、自分はどういう効果を期待したいのかを明確にして自分にあった青汁を選ぶといいでしょう。