初めて喪主になる人や葬儀の参列経験がない人の中には、「お通夜」と「お葬式、告別式」という言葉は聞いたことがあっても、それぞれ違いがあることを知らない人もいると思います。

今回はお通夜に対して「どのような意味があるのか」「なんのために行われるのか」「どんな流れで行われるのか」をまとめました。

お通夜の流れについて

葬儀とは、一般的に「2日間」にわたって行われることが多く、1日目はお通夜、2日目は葬儀、告別式と分かれています。

1日目のお通夜は、本来であれば「家族や親族」「友人」といった身近な人たちが、線香やロウソクの火を絶やすことなく、故人と共に夜通し過ごすことにより、故人をしのぶ儀式であります。一般の弔問客は、翌日の昼間に行われる葬儀、告別式に参加します。

しかし、時代の流れとともにお通夜も変わり、仕事関係の人や近所の人も参列やすいように、夜18時から19時頃から僧侶の読経が始まるようになりました。

焼香の後は、故人との最後の食事の場である「通夜振る舞い」を用意して、参列者をもてなし、夜のうちにお開きになる「半通夜」が主流になってきました。

地方では昔の風習が強いので、半通夜を行うところはまだ少ないですが、特に首都圏においては、斎場、葬儀場に宿泊できない家族、親族が増えてきており、その背景は、斎場や葬儀場の多くに宿泊施設がなかったり、防火上の理由から夜中にロウソクや線香の火を消さなければならなかったりするからです。

半通夜の場合では、長くて「3時間」程度で終わります。先程説明した通り、お通夜の開始時間は「18時~19時頃から」始まることが多いです。親族は開始1時間前を目安に集まり、弔問客や僧侶に先駆けて斎場、葬儀場に入ります。

開始の宣言後に喪主から順番にお焼香をし、家族や親族の次に弔問客にお焼香してもらいます。

焼香してもらう時間に関しては、弔問客の量で変わってきますが、だいたい「30分から40分」程度で終わります。

焼香が終わると僧侶の法話が始まり、10分程度で終了します。しかし、近年の葬儀ではこの僧侶の法話を省かれるケースが多くあります。僧侶の法話がない場合は、焼香が終わり次第、僧侶がそのまま退場します。

僧侶が退場したら、喪主から参列者に対して挨拶をし、「通夜振る舞い」の会場へと案内します。

料理やお酒が振る舞われますが、お通夜本来の意味を踏まえて、長居しないことがマナーであり、1時間程度で散会するケースが多いです。

遠方から参列する人や仕事の関係で20時を回りそうな人に対して、斎場や葬儀場が「何時まで焼香が可能なのか」聞いておいて、報告してあげておくと良いでしょう。

【関連サイト】【葬儀のお悩み解決】お葬式の費用や準備ならお任せ!安心の業者比較