知っておきたいリボ払いの仕組み

みなさんは「リボ払い」というものをご存知でしょうか?借りたお金の返済方法としてこれが導入されてからしばらく経ちますが、まだカードを使ったことがないという方や、一括、分割払いでしか返済をしたことがないという方には、なんだか難しそうな、覚えるのが面倒くさそうな単語に聞こえるかもしれません。しかしリボ払いの仕組みというのは、実は非常に簡単で、覚えやすいものなのです。そしてリボ払いは、クレジットカード現金化をするときの返済方法として最もそれに適しているといえるのです。

まずは仕組みからご説明いたします。リボ払いは、ひとことで言えば、あなたがそのカード会社から借りた金額(ショッピングに使った金額)に照らして、その借入額に見合った返済額を、毎月返していくというものです。これだけだとちょっとわかりにくいかもしれませんので、例を挙げて見てみましょう。

返済方法のひとつとしてリボ払いを提供しているカード会社は、ショッピングに使った金額ごとに、毎月最低でもこれだけは払ってくださいね、という最低の返済額を取り決めています。その「最低これだけは払ってください」という金額を毎月支払っていればOK、というのがリボ払いです。

たとえばカード会社Aが、ショッピング10万円までは(リボ払いを選択した場合)最低でも毎月5千円は返してください、と定めていたとします。するとそのカードの利用金額が10万円を超えないうちは、1万円買い物をしようと、9万円の買い物をしようと、返済額は月々5千円となります。もしカードの利用金額が10万円を超えた場合には、最低の支払額が少し上昇します。しかし、たとえば10万と1円からは返済額が1万円とされていたとしても、ひと月返済し、カードの利用額が10万円を下回ると、上記の例でいえば返済額は5千円に戻ります。このように、使った金額に対して毎月一定の額を返済していくというのがリボ払いなのです。

この返済方法は、一括や分割払いよりも返済期間が長くなるため、カード現金化をしたときに、現金を長い間手元に置いておけるというメリットがあります。現金化とリボ払いに関してはクレジット現金化優良店.comもご参照下さい。

リボ払いのデメリットとは?

しかしリボ払いにはデメリットもあります。それは言わずもがな、利息負担が大きくなるということです。リボ払いで毎月返済する額は、最低ラインであるわけです。そうすると返済期間が長くなるわけですから、一括や分割払いよりも利息負担は大きくなってしまいます。最終的には、支払総額はどの返済方法を選択した場合よりも「高くなる」というのがリボ払いのデメリットです。

たとえば先ほどの例でいうなら、あなたが10万円分カードを利用していたとしましょう。年利が18%とすると、月々の利息負担は1500円くらいです。5千円という月々の返済額のおよそ3分の1が、利息の支払いに消えてしまうんですね。元金は月にたったの3千円程度しか返済することができないのです。完済までに2年くらいはかかってしまいます。カード現金化をしたときには業者に手数料を持っていかれますから、それと合わせてみると、クレジットカード現金化をして、そのお金をリボ払いで返済していくというのは、非常に利息・手数料負担の大きな仕方であると言えるのです。

しかし、リボ払いの利息をなるべく小さくする方法はあります。それはコンビニATMなどから積極的にお金を返済していくことです。リボ払いに使えるカードは、大概コンビニや銀行のATMでも利用できるようになっています。口座に預け入れをするのと同じような感覚で、いつでも返済をすることができるのです。そのようにして積極的にお金を返済し、返済期間を短くできるよう努めていれば、利息が膨れ上がるのを防ぐことができます。

リボ払いを利用する際には、お金に余裕のあるときに積極的に返済するというのを是非心がけてくださいね。